久栄岸橋

久栄岸橋(くえきしばし)が土中から姿を現した。
中村の街中を流れていた、旧後川にかかっていた橋である。

中村は、四万十川本流と支流の後川の合流地点、デルタ上に乗っかった町である。後川は安並、佐岡、古津賀を通り、直線的に流れているが、これは矯正された流れであり、以前はいまの東町交通公園あたりまで食い込み、旧警察署から八反原方面に湾曲して流れていた。

橋は中村の東玄関口にあたり、古くは木の橋であったが、大正13年、幡多地方で最初のコンクリート製の橋(長さ63m、幅6m)となった。

当時は、両岸に柳の木が生い茂り、夏には大人も子ども水浴びをする町民憩いの川であった。上林暁の小説にもたびたび登場する、中村の町のシンボルであった。

しかし、昭和10~15年、川の付け替え工事により、いまの流れとなった。

旧河川は、どぶ川のごみ捨て場として残っていたが、戦後の都市整備事業の中で、昭和30年ごろまでに埋め立てられた。その際、橋は壊されることなく、そのままの姿で埋め込まれた。場所は、いまの一條通り4丁目と5丁目の境界の道路上である。

いわば手抜き工事で埋め込まれたので、橋げたの下部分は地中で空洞になっていた。来るべき南海地震への対策として、これを放置することはできないことから、このたび、市の事業として、いったん橋を掘り出し、橋げたを壊してから空洞部分にも土を入れて、地盤を固める作業を行なっているのである。

1月17日には、工事現場で、市民向けに事業説明会が行なわれた。郷土史研究者が橋の歴史等について説明。東山小学校の生徒らも、社会科見学として参加した。

久栄岸橋は、かつては中村の人たちの生活に溶け込んでいた。橋は消えても、中村の生活文化遺産として、後世にしっかりと語り伝えていきたいものである。

この場所には、橋の所在を示す標識のようなものを残すことにしている。

DSCN7197.jpg     DSCN7023.jpg     DSCN7010.jpg

DSCN7022.jpg     DSCN7016.jpg     DSCN7012.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR