FC2ブログ

中村町人文化と幸徳秋水(下)

一方、秋水は二歳の時父を失い母子家庭となる。しかし、伯父篤道(父の兄)が後見人となり、一家で同居。また、中継養子駒太郎も迎えたことから、幸徳家は複雑な大家族となった。

そんな中、秋水は八歳で木戸明の遊焉義塾に入るが、周りはみんな士族の子どもたち。安岡秀夫(良亮の子)、桑原順太郎(戒平の子)、小野栄久など。

秀夫の兄雄吉(のち代議士)が東京から送ってくるハイカラな雑誌(「絵入自由新聞」など)から刺激を受けた。

塾の中で秋水は一番優秀であったとはいえ、商人の子はやはり商人の子と見られる。彼らはみんな母方の親戚の子であったが、だからこそコンプレックスだけでは説明できない、わけのわからないモヤモヤが生まれたのではないか。

秋水が入学した中村中学は途中で廃校となり、高知中学に吸収された。安岡秀夫らはそのまま高知に進んだが、秋水は父亡き後の経済事情もあり二年遅れた。このため挫折中退。モヤモヤはさらに濃くなった。

家に帰っても伯父や伯母が差配を振るい、母はじっとがまんしている。

そんな環境、境遇からくるストレスが爆発し、わずか十六歳で家を飛び出し、東京の林有造の門をたたいたのではないか。

その後、中江兆民との運命的出会いがあり、その薫陶を受け、やっと腰を据えて勉強に集中する。自由・平等・博愛思想をたたきき込まれ、非戦平和から人間解放の社会主義に理想を深化させていく。

その過程で堺利彦と平民社を立ち上げ、平民新聞を発行。「平民」、「平民」と、ことあるごとに平民にこだわった心の内が読み取れる。

秋水は自分の親戚の出世頭は熊本神風の乱で斬られた安岡良亮(初代熊本県令)だったと誇らしく語っているように、親類縁者を大切に思う心はずっと持ち続けていた。雄吉、秀夫らとの付き合いも生涯続いている。

秋水の思想形成に最も大きな影響を与えたのは中江兆民。しかし、兆民思想が注ぎ込まれる土壌になったのは、複雑な姻戚関係等秋水の家庭環境にあった。秋水は身分、階級というものに敏感な少年に育った。

その根源は、商人と士族であった両親の異例の縁組にある。

さらに言えば、町人が実力をもち、町人文化が栄えた中村という町だったからこそ、そんな組み合わせが生まれたということである。(終り)

 20180529171716d9c.jpg
 秋水生家跡(中村京町)


 二〇一八年一月二十四日、幸徳秋水刑死一〇七年墓前祭記念講演会要旨
 当日の演題は「中村町民文化と幸徳秋水」
 「秋水通信」24号所収





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR