FC2ブログ

沖縄慰霊の日

きょう6月23日は、沖縄慰霊の日。

昭和20年、日本で唯一の本土戦となった沖縄戦において、日本側の組織的抵抗が終わった日、降伏の日である。この日は、糸満市にある摩文仁の丘では、毎年慰霊式典が行われている。沖縄県では、休日となる。

私は今年2月、ここを訪ねた。平和の礎(いしじ)が建てられていた。

沖縄戦で、約20万人の県民が死んだ。日本軍によって米軍の盾にされ、自殺を強要された者も多い。本土防衛の名のもとに、犠牲を強要されたのだ。

戦後は、アメリカが占領。銃剣とブルドーザーにより、米軍基地が次々とつくられた。

1950年、サンフランシスコ条約で日本が「独立」したさいも、日本政府は沖縄を見捨て、沖縄では日本の法律が適用されない、アメリカの意のままになる「日米地位協定」を結んだ。その後の沖縄本土復帰後もこの協定は続いている。

きのう夜9時のNHKニュースで、、あす沖縄慰霊の日として、報道していたが、違和感を覚えた。

身元がわからない遺骨がいまでもいまでもたくさん発見されている。戦後73年たち、当時を知る人は少なくなった。若い人たちが、語り部として、引き継いでいかなければならないと・・・

報道では、いまの沖縄の米軍基地の現状は触れられなかった。本土にあったアメリカ海兵隊基地が、地元の反対にあい、沖縄に移されるなど、戦後も基地は増え続け、いまでは国内米軍基地の74%が沖縄に集中している。

なのに、さらに辺野古に新基地を日本政府はつくってやろうとしている。沖縄に犠牲を押し付ける。

沖縄戦における沖縄差別の構造はずっと続き、さらに増幅されている。

なのに、NHKは、沖縄戦を過去のものとして、記憶の風化が進んでいるということしか言わない。沖縄の基地の現状にはふれない。NHKの役割は、沖縄の現実から国民の目をそらさせること。

沖縄戦を過去の「記憶」レベルに矮小化してはいけない。
沖縄戦はいまも続いている「現実」なのだ。

http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-414.html


2018022017180325a.jpg   20180220171809193.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR