FC2ブログ

堺事件 ( 1 )

6月18日、大阪北部地震発生。空き家にしている大阪市内の妻の実家の被害が気になったので、確認のため23日、車で帰った。

家の周辺は震度5弱であったようだが、幸い、家の外も内も無傷であった。翌日は、後片付けを覚悟していたが、その必要がなくなったので、堺を訪ねることにした。

というのも、今年は堺事件(慶応4年、1868年2月)から150年。高知県立歴史民俗資料館では、1月20日~3月25日、特別企画展「堺事件~150年の時を経て」が開かれ、記念講演があった2月17日、行ってきた。

また、6月2日には、同資料館野本亮学芸課長を中村に迎え、同名の記念講演会を開いた。(主催・西南四国歴史文化研究会)

堺事件とは、戊辰戦争で幕府軍退退後、堺取り締まりの任に当たっていた土佐藩兵とフランス海軍水兵がおこした衝突事件のこと。

土佐藩兵が堺港でフランス兵16名を殺傷(死亡11名)したことから、外交問題に発展。苦境に立たされた土佐藩は、発砲した者のち20名に切腹を命じた。隊長2名(箕浦猪之吉、西村佐平次)以外の18名はくじ引きで選んだ。

切腹は、堺の妙国寺で行われた。11人の切腹・介錯が終わったところで、立ち会っていたフランス側から「もういい」の意向が伝えられた。

日蓮宗妙国寺は数ある寺院の中でも、堺を代表する寺であった。広い庭。織田信長が送ったと伝わる、大きなソテツも植わっていた。

201806271522326ee.jpg   20180627152229de5.jpg

事件生き残りの一人横田辰五郎は後年、事件の詳細を絵と文章で記録しているが、その絵の中の一枚は、妙国寺庭での切腹のもようをリアルに描いている。その舞台がそのまま残っていた。ここで、11人は無念の切腹をしたのだ。

庭の奥には、11人の慰霊碑が建てられていた。中央は十一人の名前が刻まれた碑。左は「土佐藩十一烈士之英霊」、右は「佛國遭難将兵慰霊碑」。

梅雨の晴れ間の暑い日差しが注ぐ。合掌。

 20180627152234065.jpg   20180627152235d17.jpg   20180627152637a90.jpg

十一人の墓は道路向かいの宝珠院にある。妙国寺側の歩道には、その墓を示す高い石柱が建っていた。

「左 とさのさむらいはらきりのはか」「明治戊辰殉難土州藩士墓所」と刻まれている。

 20180627152240a6a.jpg

道路を渡ると、「戊辰殉難土佐十一烈士墓所」の矢印の石柱。宝珠院入口にも「史蹟 土佐十一烈士墓」の石。

 20180627152417374.jpg   20180627152420f5a.jpg

しかし、寺の入口はシャッターで閉じられていた。中は幼稚園になっていた。お隣に聞くと、住職は普段は他に住んでおられる。平日ならば、幼稚園の先生が中に入れてくれ、墓も見られるのに、と。

シャッター越しの遠目に、11基並ぶ墓のうち端の2基が木の下にかすかに見えた。外から合掌。

 2018062715242379a.jpg

堺事件は、幕末の攘夷思想の高まりの中でおこった偶発的なトラブルであったが、責任を取らされたのは、いつもの通り、末端の兵士(隊長2名以外は、軽格の下級武士)であった。

事件のもようは、森鴎外、大岡昇平が小説にしている。(続く)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR