FC2ブログ

川谷銀太郎

前回書いたように、慶應4年2月発生した堺事件では、フランス水兵への発砲・殺傷の責任を取らされた土佐藩兵20名が切腹を命じられた。しかし、切腹は11名で中止となった。

残った9名は土佐に戻され、改めて渡川以西への流罪とされた。9名の名前は、妙国寺慰霊碑の側面に刻まれていた。橋詰愛平から川谷銀太郎まで。

 20180629182444769.jpg   20180627152234065.jpg

渡川(四万十川)以西への流罪は、土佐藩の刑罰の一つとされていたもので、当時、高知の城下から幡多がいかに僻遠の地とみられていたかがわかる。

同年5月、9人は、中村の川向うの入田(にゅうた)に送られた。

入田では庄屋の宇賀祐之進が受け入れ、見正寺に預けた。9名は、村人たちに学問や武術を教えるなどして、交流をはかった。

まもなく、明治改元の恩赦があり、11月には無罪放免となり、それぞれ地元の高知市周辺に戻ったので、入田にいたのはわずか半年ばかり。

しかし、戻ったのは8名であった。川谷銀太郎がこの間没している。病死と記録されているが、原因は諸説あり、確定はされていない。

ただ、はっきりしていることは、地元の相撲大会に出たことが、原因の一つらしいこと。

8月15日、恒例の宮相撲が隣村具同の八社宮境内で行われた。川を挟んで中村側との対抗戦であった。

入田側の形勢が悪くなったことから、銀太郎が助っ人として土俵にあがった。
銀太郎は筋骨隆々であったという。次々に、相手を負かしてしまう。

形勢が悪くなった中村側には、「大阪関脇」、蕨岡の巨漢駒が岳がいた。さすがの銀太郎もプロの力士にはかなわない。駒が岳は、銀太郎をかんぬきにして、締め付け、振り回した。

真実、この場面がどうであったのかはわからない。はやり病にかかったという説もある。しかし、このケガ(傷)が原因であったことは間違いないようである。銀太郎は9月5日死ぬ。26歳。

銀太郎は香美郡山北村の出であった。知らせを受けた母が遠路かけつけるが、直前息を引き取った。

妙国寺の切腹では永らえた命をあっけなく落としてしまう。

入田の村人たちは、銀太郎をあわれんで、墓を建てた。母は涙ながらに、形見の刀をかついで帰ったという。

 20180629182441b90.jpg

地元では、以後、没50年、100年供養と、今日にいたるまで墓を大切に祭っている。

そして、今年8月5日には、150年供養を行うことになっている。

新ロイヤルホテル四万十で行われる前夜祭には、堺で事件犠牲者の顕彰活動に取り組んでくれている人たち十数人を迎え、紙芝居をしてもらうなど、交流をはることになっている。

また、当日も、墓前供養に続き、入田桜堤公園に会場を移して、野本亮・高知県歴史民俗資料館学芸課長による講演も行われる。

ぜひ、おいでください。

なお、四万十市では、いま幕末維新博において、幕末維新~明治に活躍した地元の先人14人(幸徳秋水、樋口真吉、安岡良亮ら)の事績を公民館に紹介展示しているが、この中に、地元に縁がある人物として、川谷銀太郎も入れている。これもごらんいただきたい。

 20180629183048a69.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR