FC2ブログ

吹屋 高梁

家を出るまでは吹屋のことを忘れていたが、途中でハッと思い出したので、寄ることにした。

勝山を正午(11月4日)で離れ、落合から中国道に乗り、ぶっとばして30分、新見インターで降りた。高梁に下る国道の途中から右、県道に入る。

なだらかな台地の畑の中、初めての道をしばし走る。やっと「吹屋ふるさと村」の標識が見えた。そこから山道を少し上がると着いた。

吹屋に30年前来た時の印象は強烈だった。高梁から成羽を通り、くねくねの山道を登れど、登れど着かない。こんな山の中に人が住んでいるのかと思うところに、突然赤い色の集落が現れた。これは村ではない。町だ。今流でいえば、天空の赤い町。

45555153_2222712654429752_1709873828257071104_n.jpg   46084367_2232355010132183_1301713813283799040_n.jpg

そこでベンガラ(弁柄)を知った。硫化鉄からとれる顔料で、陶磁器、漆器、ペンキなど、いろんな用途に使われているという。

吹屋は江戸時代から硫化鉄と銅山で栄えた。いまの感覚では、山の村は住む人も少なく、過疎で寂しい、貧しい、というイメージが強い。

しかし、そんなのは、せいぜいこの50年ほどのことであり、日本の歴史の大半では、山村は豊かであった。木材、木炭、紙の原料(こうぞ、みつまた)、狩猟・・・富に溢れていた。時に金銀銅などの鉱脈もあった。宝の山だ。

その典型が吹屋だった。私は頭をガツンとやられた。赤というよりは朱色。その違いの色彩感覚をここで覚えた。

朱色に塗られた家々は、国の伝統的建造物群保存地区指定を生かし、観光用に色を強調したものであるとはいえ、富の象徴である。

しかし、今回はそれほどの興奮はなかった。2回目であるためだ。また、前回とは来た道も違う。山を登ってきたという感覚はない。道も広くなっていた。

ベンガラも落ち着いた色になっている。聞くと、確かにドぎつさを抑え、黒を混ぜ、江戸時代の色に近づけたそうだ。その分、インパクトは減るが、まわりに溶け込んでいる。

ベンガラ精製場跡をさっと見たあと、名所ポイントの広兼邸(庄屋)に寄った。横溝正史の映画「八つ墓村」のロケに使われ、一躍有名になったところ。

横に長い城壁に囲まれた邸。鉱山で築いた富の象徴。そこらへんの城よりも品格があり、勇壮かつ端正。造形美あふれる芸術作品のよう。映画の印象があるだけに不気味であったが、ここも2度目だけに、冷静に見れた。

45695926_2224655844235433_5094735750348406784_n.jpg   46140818_2232354960132188_848155401286320128_n.jpg   45700678_2224656044235413_5060665205013348352_n.jpg

月曜日ということもあってか、静か。管理人だけ。庭の柿をとっていたので、声をかけたら、みやげにもたせてくれた。まわりの紅葉をゆっくり眺めた。四国のような尖った山がない。丘だ。

陽も傾いてきたので、高梁に向かう。バイパスになる広域農道ができており、直線的に下ると、すぐに成羽に着いた。そこから国道なので、以前見えた木口小平(軍神とされたラッパ兵)の生家跡はショートカットしたようだ。

高梁では、もちろん頼久寺に向かった。2年ぶり。心落ち着く小堀遠州の庭園。紅葉の見ごろには10日ほど早かったが、かなり色づいており、満足。

45709288_2225971847437166_5988446430929354752_o.jpg

備中松山城には登る元気も時間もない。その代わり、いつも行きたいと思ってはパスしてきた薬王院を捜し出した。

寅さん映画のロケに使われた寺。急な長い階段で、寅さんが一目ぼれした竹下景子は、あのころが一番きれいだった。その階段を登ってみた。なるほど、転げ落ちそう。

46256427_2233061563394861_3527593400553439232_n.jpg   46156380_2233061660061518_8429179897460555776_n.jpg

寅さんで知って来たというのに、階段下にロケ記念碑が建っていたのは気に入らなかった。俗化しているようで。勝手なものだ。

2年前と同じく、暗くなってきた夕方5時に高梁を離れ、賀陽インターから高速に乗り、10時前に家に戻った。

車中泊を除けば、実質1泊2日の旅のまとめ。
1番感激したのは大山、2番は神庭の滝、3番は湯原温泉。どこも30年ぶりだからだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR