FC2ブログ

家地川ダム

四万十川にはダムがないと思っている人が結構いると思うが、それは本流についてであり、支流の梼原川には二つのダム(津賀ダム、初瀬ダム)があるということは、このブログ9月21日付で書いた。

本流には、確かにダムはない。しかし、ダムと同じ機能をもつ施設はある。通称「家地川ダム」、正式名称「佐賀取水堰」である。

11月、人を案内して久しぶりにこの家地川ダムに行った。

このダムがあるのは旧窪川町(現四万十町)の旧大正町との境界、家地川地区。この写真を見れば、だれでもダムと思うだろう。

201812280924086e6.jpg  201812280924057ca.jpg   20181228094128f47.jpg

しかし、河川法で定められたダムの定義は堰堤の高さ15m以上となっており、この施設は高さは8mであるので、ダムではないのだ。しかも、堰といっても可動式のゲートである。


201812280924121d3.jpg   20181228092537417.jpg   

ゲートでせき止めた水を、導水管を通して、南側の山を越えた旧佐賀町(現黒潮町)の佐賀発電所に落としているので、実質的に立派なダムである。堰堤の高さの定義など意味がない。

落とした水は、四万十川とは別の水系の伊与木川に流されている。だから、水は四万十川には戻ってこない。

家地川ダム(佐賀発電所)がつくられたのは昭和12年と古い。当時も今も、ダムの水が違う水系に落とされるという例は、調べた訳ではないが、全国でもめずらしい構造ではないだろうか。

佐賀発電所は、ごらんのとおり。不破原の国道56号線から入ったすぐのところにある。

201812280929463b4.jpg   2018122809305885b.jpg   20181228093042f44.jpg

このダムの問題は、せっかく流れてきた水が、ほかの川に捨てられるので、ダムから下流の四万十川の流れは細くなる。梼原川合流、さらに旧十和村の津賀発電所に梼原川津賀ダムから落とされる水が注ぎ込まれるまでの間は、季節にもよるが、みすぼらしい流れになっている。

ダムと発電所があることで、旧窪川町と旧佐賀町は交付金や税収の恩恵を受けている。しかし、下流の旧大正町、旧十和村などは、なにもない。水量が減ることで、アユ漁などにも影響がでるなど、マイナス面ばかり。

そんなことで、2001年のダム水利権更新時、ダム撤去運動がおこった。行政の大正町、十和村や下流4漁協が先頭に立って運動は盛り上がった。

私は当時地元にいなかったが、ダム直下の河原に1300人を集めた集会が開かれ、私の地元の四万十川下流漁協からもバスで動員されたことは、当時聞かされた。

旧窪川町、旧佐賀町はダム賛成であったこともあり、結局、当時の橋本大二郎知事が仲裁するという形で、四万十川河川維持水量を増やす、水利権更新期限を30年→10年に短縮するという条件で、水利権は更新(ダム存続)された。

次の10年後の水利権更新は2011年で、その時は私の市長在任期間であった。しかし、この時は、ダム撤去という話はいっさい出ず、すんなりと水利権が更新された。

背景には、2006年、賛成反対で割れた窪川町と大正町、十和村が合併して四万十町になっていたことがある。同じ町内を股裂きにするような議論を今度はみんなが避けた。漁協も同様だった。

上流に動きがない以上、最下流の四万十市が何か判断を求められることはなかった。

一度できたダムの撤去ということは簡単なことでなない。

近年では、熊本県球磨川の荒瀬ダムが撤去された例があるが、これは地域の堅い総意として意見がまとまったという特別な事情があったからだと聞く。

梼原川の津賀ダムでも撤去運動があったことは、先のブログでも書いた。

今回、ダムの地元でこんな話を聞いた。
家地川ダムの周りには、古くから桜の木が植えられ、公園になっている。ここで、春には地域の桜まつりがおこなわれている。ダムの湖に映える桜は、住民の自慢である。ダムが地域の風景として溶け込んでいる。地域の人たちにとっては、これがふるさとの風景であるから、ダム撤去には反対である、と。

津賀ダムも同じで、ダム湖がある下津井地区では、夏には蛍まつりをしているという。

ダムはムダな公共事業のシンボルで、地元にとっては迷惑施設というイメージがあるが、そう単純なものではないということを思わされた。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR