FC2ブログ

まんぷくラーメンと四万十川

NHK朝ドラ「まんぷく」は3月いっぱいで放送が終わる。私は、朝ドラは内容次第で見たり見なかったりだが、「まんぷく」は最初から見ている。即席ラーメンの生みの親、安藤百福夫妻がモデルになっているからだ。

というのも、まんぷく食品こと日清食品と、四万十川はちょっとしたご縁があるからだ。

百福夫妻は大阪府池田市に住んでいた。その自宅の居間には、四万十川の高瀬沈下橋を描いた絵が飾られていた。夫妻はこの絵を見ながら晩年をすごした。

絵を描いたのは東博紀さんといって、百福さんの妻仁子さん(ドラマでは安藤サクラ役の福子)の姪冨巨代さん(同、松下奈緒の娘タカか吉乃)の夫である。

東さんは、四万十市が中村市時代、しばらく仕事で赴任をして来られていたことがあった。絵が趣味で、時間を見つけては、四万十川のスケッチをした。その一枚がこの絵(写真)である。

百福さんは2007年、妻の仁子さんは2010年、亡くなられ、空き家になった。絵は東さんが引き取り、四万十市で安藤家とご縁があった方に譲った。

私が市長時代の2010年、いまの市役所新庁舎に立て替えられた。2階に入った市立図書館の入口壁には、絵や写真を展示するガラスで囲ったスペースをつくっていた。

話を聞いて絵を見せてもらうと、目の前に本当の四万十川が流れているような見事な水彩画だったので、ぜひにと思い、もう一枚、佐田沈下橋を描いた絵と二枚をお借りし、展示をさせてもらったのだ。当時、高知新聞記事にもなった。

話は続く。

四万十市では毎年、四万十川ウルトラマラソン大会(100キロ、60キロ)を開いている。日清食品はスポーツ振興、特に陸上競技に力を入れているので、これをご縁に、大会スポンサーになってもらえなだろうかと思った。

東さんから紹介をもらい、東京の日清食品ホールディングス本社に安藤徳隆専務(現副社長、百福の孫)を訪ね、そのお願いをした。

結果は、スポンサーは難しいが、商品でよければ提供をさせてもらいましょう、ということになった。最初の2010年、ラーメン4800個をいただいた。以降、ラーメンは大会参加者に配っている。

四万十川沈下橋の絵が、日清食品とウルトラマラソンの「橋渡し」をしてくれたのだ。

市立図書館を利用される方は、入口壁に展示してある二枚の絵をぜひごらんいただきたい。

百福さん妻の仁子さんと徳隆さんは四万十川に来られたことがあります。

 20190309112919eb6.jpg    20190309112920059.jpg
    高瀨沈下橋          佐田沈下橋



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR