侏儒国

侏儒(しゅじゅ)と読みます。小人(こびと)のことです。侏儒国とは小人の国。「魏志倭人伝」に出てくる、邪馬台国の向こうにあるとされる国である。この国は幡多地方にあったが巨大地震で消えた、と言う。

幡多地方は過去から繰り返し地震津波の被害を受けてきた。約100年に一度来るとされる次の南海地震(南海トラフ巨大地震)に向けた防災対策を、幡多6市町村連携して取り組んでいる。

四万十市では地震津波対策を進めるにあたってのアドバイザーとして、昨年度から都司嘉宣先生(つじよしのぶ、元東大地震研究所准教授)に就任していただいている。都司先生を講師として、2月22日、合同の防災講演会(研修会)を本市中央公民館で開いた。そこでの話。

「魏志倭人伝」には卑弥呼のいる邪馬台国が記されており、その場所がどこか(北九州、近畿?)の論争があるが、ほかにも「皆倭種国」、「侏儒国」などが紹介されているそうだ。そこまでは知らなかった。

都司先生は、邪馬台国=北九州説に立ち、そこから方角、距離の記述を解き、侏儒国は幡多にあたると言う。侏儒国には身長三・四尺(90~120cm)の「人」が住んでいた、と記されている。

DSCN7537.jpg     DSCN7536.jpg


2004年、インドネシアのフローレス島から大人の身長がわずか1mほどの「こびとの人種」の化石が見つかっており、フローレス島人(ホモ・フローレシエンス)と名付けられた。この人骨は1.8万年前に生きた異種人種(今の人類=ホモ・サピエンスとは違う)であり、こうした異人種はこれまで20種類ほど知られているという。

フローレス島人が、海流に乗って幡多にやってきた・・・という推論である。

都司先生は、今回、四万十市立図書館に足を運び、幡多地方の古い資料に目を通していたところ、今の土佐清水市益野にかつて、「猩々(しょうじょう)」がいたという記録を見つけた。人間の顔をした猿とか、小さな妖怪など、伝説・架空の生きものとされているが、この「猩々」が「こびとの国」の人ではなかったのか。(猩々には、猩々バエ、猩々トンボ、などの言葉もある)

DSCN7538.jpg     DSCN7551.jpg


高知大学岡村真教授グループが県内の古い地層を調査し、2000年前に巨大地震があった痕跡が出てきたと、最近発表している。その頃といえば、「魏志倭人伝」の時代とも重なる。侏儒国の話とつながる。

都司先生は歴史地震学の第一人者。「歴史地震」とは、過去の資料・記録から地震の規模や被害を読み解き、その地方の地震の「くせ(特徴)」を割り出し、いまの対策に活かす手法。歴史学や考古学につながる分野である。

講演のあと調べてみたが、侏儒国=幡多説、はほかにもあった。
http://www.ne.jp/asahi/wacoku/tikushi/yamai08.htm


いまのところ幡多地方では、人骨の発掘など「こびとの国」を裏付けるものは見つかっていない。

ロマンに富んだ推論である。やはり、幡多はよそとは違うのか?
しかし、重要なことは、ロマンにとどめず、巨大地震への警告として受け止めなければならない、ということだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
FB(フェイスブック)もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR