FC2ブログ

平成の終わりに

今日で平成が終わる。このところ、テレビはその番組ばかりである。今日は高知新聞、お前もかという異様ぶり。

私は元号には反対である。理由は先にこのブログで書いたので(3月30日)、繰り返さない。

しかし、現実問題として元号は法制化され、日本の社会制度の根幹を構成している以上、自分にとって平成という「期間」はどんなものだったのか、振り返ってみたい。

私は昭和28年(1953)生まれだから、昭和が64年1月7日で終わった時は満35歳であった。

当時は、農林中央金庫の本店に勤務をしていた。前年の秋ごろから天皇重体報道が繰り返されていた。社会全体が重くるしい雰囲気になり、職場の忘年会、新年会も取りやめになった。「歌舞音曲」は慎むべきとされ、初めてそんな言葉があることを知った。

そして1月7日。私はその日がXdayになったのを知ったのは、朝のテレビを見なかったので、通勤のさい職場のある大手町の農協ビルに日の丸の半旗が掲げられているのを見た時だった。ああ~ついに、と思った。

しばらく喪に服すことが求められた。テレビでは、昭和を振り返る番組ばかり、NHKでは一般番組が予定変更になり、「映像の世紀」や、ドラマ「花へんろ~風の昭和日記」などに。昭和は戦争の時代、その暗い映像が繰り返し流れた。

私はラグビーが好きだ。その日が高校ラグビー全国大会の決勝戦であったが、急遽中止になり、両校優勝になった。なんで、やらせてやらないのか、高校生がかわいそうだと思ったことを、強く覚えている。

戦前はこんな重苦しい時代だったのだろう、その戦前に戻った。暗澹とした気持ちにさせられた。

その点、今回は生前譲位なので、暗さはない。その分、政府は改元を政治利用しようと、その対策は準備万端、徹底している。祝賀ムード一色だ。元号の是非の議論などはタブー。マスコミの忖度、自主規制は露骨である。その効果は、この間の内閣支持率上昇に表れている。

平成移行の年の6月、私は岡山に転勤になった。初めての管理職(支店課長)になった。(岡山着任と同時に中国で天安門事件)

その頃はバブル経済の真っただ中であった。私は企業融資を担当していたので、資金需要は旺盛。新規融資先の開拓が面白いほどに進み、岡山支店はトップの成績だった。仕事が楽しくてたまらない。岡山の3年間は仕事で自分が最も輝いた時代だと思っている。

しかし、その後は仕事でいい思い出はない。バブルのシッペ返しは、平成9、10年(1997~98)、札幌で受けた。金融危機の時代、拓銀が破綻し、連鎖倒産が相次いだ。その対応、始末に翻弄された。

そんな中、平成17年、中村市が合併で消えた。自分のふるさとがなくなったことの寂しさ。なぜだと、怒りを覚えた。その怒りは収まらず、3年後、中村に帰ることで折り合いをつけた。

そして希望通りの公務につくことができた。ふるさとのために苦労ができる喜び。それまでの人生で最も充実した時間。しかし、それは4年間で突然に終わった。そしていまの自分がある。

4年前、東京から四国遍路でみえ再会した私の農林中金時代の元上司は、人生を三区分していた。第一、学び・学習の時代、第二、職業を通しての社会貢献の時代、第三、リタイア後の時代。これに従えば、いまの自分は第三の時代の11年目。

その中で、私にとって平成の期間は、第二時代の後半(管理職)から第三時代の半ばまで、ということになる。

自分の人生は令和で終わると覚悟を決めておこう。

明日からは、第三時代の後半に入る節目にしよう。やりたいことは、たくさんある。悔いを残さず、有終を迎えられるよう、日々の生活に目標と計画性をもって臨みたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR