FC2ブログ

10連休

10連休が今日で終わる。

毎日が日曜日の私にとっては連休とは関係のない10日間だった。どこにも出かけず、天気がよい日には、家の前の畑仕事をすることが多かった。

畑仕事や芝桜の草採りなどをする時にはラジオを聞くようにしている。これまでラジオを聞くのは車を運転する時ぐらいであったが、聞き始めるとラジオはなかなかいい。

まず、作業をしながら聞けるので、一石二鳥のお得感がある。これが一番いい。
また、内容もテレビより充実している。深みがあり、「聞かせる」ものが多い。
ニュースでもテレビより突っ込みが鋭い。

先日、民報ラジオであるお坊さん(住職)が、連休中もまわりは静かでみんな淡々と過ごしているのに、テレビやマスコミだけが、令和、令和と言って浮かれている。ごく一部の騒いでいる人だけ、場面だけをクローズアップして放送している、あきれる、と言っていた。テレビではこんな発言は放送されない。

その通りだと思う。四万十川への観光客は例年のゴールデンウイークに比べると多く来ているようには感じるが、ただそれだけのことで、特に改元だと言って浮かれている人はいない。

これまでの改元の時は、喪に服すことが優先された。前回の改元の時の重苦しさは思い出したくもない。

その点、今回は初めての生前譲位ということで、国民もマスコミも初体験。どうなることかと思ったら、国民は生活は普段通りなのだろうが、マスコミの浮かれぶりは目を覆いたくなる。

政府の意向を忖度したものであろうが、戦前は、マスコミがこのような統制によって言論の自由が奪われ、あのような戦争に国民を動員していったのだろうと思う。

かつてテレビが登場した時、「一億総白痴化」と言われたが、いまの改元報道はこの通りだと思う。象徴天皇制はどうあるべきかの議論を避け、ただお祭り騒ぎだけを演じている。

これはテレビだけではなく、新聞、ラジオを含め、報道全体に共通をしていることだろう。しかし、テレビが特にひどいと思う。

とにかく、10連休がやっと終わる。普段の生活に戻る。
やれやれだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR