FC2ブログ

高知の偉人とは

高知市ひろめ市場前の道を少し西に進んだところ、高知城歴史博物館裏入口前のNTT高知支店の建物壁際に「土佐ゆかりの偉人」の看板があることをご存知の方は多いと思う。現在18人の人物の顔写真と解説文が載っている。

今回調べたところ、この看板は、観光客向けにNTTが約20年前に設置し、最初12人からスタートし、以後何度か追加削除を続け、今年の4月から5人を追加、3人をカットし18人になった。

私はこれまでここに幸徳秋水と中江兆民の名前がないのが不満であったが、今回の入れ替えでこの2人が加わった。これは当然であり、遅きに失した感はあるが、よかったと思う。

60184319_406288030213097_773683309778567168_n.jpg   20190526100513596.jpg

今回加わったほかの3人は、紀貫之、義堂周信・絶海中津(2人セット)、小野梓。カットされたのは、見性院(山内一豊妻千代)、坂本乙女(龍馬の姉)、大町桂月、である。

ちなみに、18人中残りの13人は、長宗我部元親、山内一豊、野中兼山、中浜万次郎、山内容堂、武市半平太、岩崎弥太郎、坂本龍馬、板垣退助、中岡慎太郎、牧野富太郎、濱口雄幸、寺田虎彦、である。

60362422_462169537887628_7902751360922157056_n.jpg   60385370_402880136964672_5415016233319792640_n.jpg
 

これまではNTTが歴史愛好家などの意見を任意に聞いて人物選定をしていたようだが、今回は高知城歴史博物館の監修を受け選定をし直し、パネルの中身も新調したそうだ。だから、この顔ぶれは実質的に高知県の公式認定といってもよいくらいの重みをもつといえるだろう。

こうした中で、幸徳秋水、中江兆民の師弟が選ばれたことは、やっと二人が地元で正当に評価をされたといえるものであり、私も安堵している。

そのうえで、言いたいことがいくつかある。

1.「偉人」とは「偉い人」という意味だが、だれがえらいか、えらくないのかの選定はむずかしい。その基準は人の判断によって異なるのは当然である。

ここの18人は、歴史上の有名人物であることは間違いないが、戦国武将の長宗我部や山内などが、えらい人であるというのには違和感がある。この看板は、土佐ゆかりの「人物」とするのが適当であると思う。(高知城歴史博物館はそのような意見を言ったが、NTTは受け入れなかったという。)

なお、この看板は、今年3月までは「土佐の偉人」であったが、紀貫之のような土佐以外生まれの人物も今回選定したので、「土佐ゆかりの」に変更をしたという。これは正しい。

2.高知県ホームページの高知県の歴史紹介コーナーの中に「高知の偉人」があり、11人が掲載されている。

長宗我部元親、山内一豊、野中兼山、中浜万次郎、武市瑞山(半平太)、坂本龍馬、板垣退助、中岡慎太郎、牧野富太郎、岩崎弥太郎、吉田茂。

http://www.pref.kochi.lg.jp/info/ijin.html

ここでは、NTT看板にある幸徳秋水、中井兆民など8名が漏れている一方で、看板にはない吉田茂が入っている。(吉田茂の父竹内綱は宿毛出身だが、吉田茂は東京生まれ)

NTT看板の18人は高知県公認の顔ぶれといえるだろう。それなのに、高知県ホームページの顔ぶれと一致しなのは、いかがなものか。

高知県は「偉人」という言葉が使われていることを含めて見直しを行い、NTT看板の18人に合わせることを提案したい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR