FC2ブログ

NHKのイラン報道

安倍首相は何のためにイランへ行ったのか。参議院選挙まえの実績づくりにしようという魂胆から、アメリカから頼まれもしないのに仲介役を買って出たものだが、結果は日本の恥をさらしただけでなく、両国の緊張対立に火をつけた結果になった。

イランの最高指導者ハメネイ師はトランプとの対話を明確に拒否、とりつく島もなかった。安倍の面目まるつぶれである。トランプからも仲介は時期尚早だったといわれる始末。世界に日本の恥をさらすことになった。

NHKは行く前は、さかんに「よいしょ」報道をしていたが、いまはダンマリである。

新聞各紙は、ハメネイ師がアメリカとの対話を拒否したことを見出しで報じているが、NHKはそのことには触れず、「ハメネイ師の平和への信念や、核兵器の製造や保有の意図はないことを確認できた」ことは「地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進」などと、ピント外れな報道をしている。

さらに、日本タンカー攻撃事件もおこった。ハメネイ師との会談最中に、である。犯人はだれであるかわらないが、日本の首相訪問に合わせ、両国の緊張を高めたいグループ(国)がやったことは、間違いないだろう。緊張が高まり一番喜ぶのはトランプだが・・・

安倍はトランプのメッセンジャーを自作自演した。メッセンジャーだけなら子供でもできる。日本独自の主張はしたのか。

そもそも最近の両国間の緊張の高まりは、トランプが一方的に関係国核合意からの離脱を表明したことに始まる。安倍が申し入れるべきはイランではなく勝手気ままなトランプに対してである。

NHKはそんな解説はいっさいしない。政府に都合がいように報道し、まずくなればダンマリ。

これでは、戦前の大本営発表と同じである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR