福島の中村

 東日本大震災から3年。福島県相馬市は直接死458人、関連死25人、死亡届(行方不明)19人の犠牲者を出した。

相馬市の中心部は旧相馬郡中村町。中村藩(相馬氏)の城下町であり、中村城跡や中村神社、中村第一、第二小中学校などがある。相馬駅の元の名は中村駅。勇壮な相馬野馬追いの総大将は中村神社から出陣する。

宇陀川河口に広がる松林に囲まれた日本百景の松川浦では、四万十川河口と同じように網を張って青ノリ養殖が行なわれていたが、すべて人と一緒に高さ9メートルの津波に呑み込まれてしまった。

福島第一原発から北へ40キロ。原発事故で止められていた海の漁は一部再開されたが、まだ試験操業で魚はすべて放射能チェック。多くの船が港に繋がれたままで、復興にはほど遠い様子が最近もテレビで報道されていた。

 旧幡多郡中村町も昭和21年南海地震では全国最多273人の犠牲者を出した。弱い地盤の建物倒壊・火災によるものであったが、次の地震では四万十川を遡上してくる津波にも備えなければならない。

二つの中村が市になったのは同じ昭和29年3月31日。今年が還暦で今の人口もほぼ同じ。東北も四国も同じ日本列島の地震の巣の上に乗っかっている。本市は伊方原発から南へ50キロ。

 津波と放射能に巻き込まれた中村の叫びは、中村が受けとめなければならない。

http://www.somacci.com/~kankou/kanko.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR