FC2ブログ

中村市史断章

新 し い 市 庁 舎 が 落 成 し ま し た の で 、旧 庁 舎 は 間 も な く 取 り 壊 し ま す 。

旧 庁 舎 は 中 村 市 の シ ン ボ ル で し た 。風 雪 に 耐 え て き た そ の 姿 は 、産 卵 を 終 え た 鮭 の 屍( し か ば ね )の よ う に 、壮 絶 か つ 崇 高 な 生 き ざ ま を さ ら し て い ま す 。

中 村 市 が 名 実 と も に 幕 を 引 く に あ た っ て 、旧 庁 舎 建 設 に い た る 経 過 を た ど っ て み ま し た 。

ま ず『 中 村 市 史 』( 昭 和 四 十 四 年 )か ら 。 昭 和 二 十 八 年 六 月 、国 会 で の 町 村 合 併 法 制 定 の 動 き を 受 け 、中 村 町 が 東 山 村 、 下 田 町 に 呼 び か け て 市 制 施 行 準 備 協 議 会 を 開 く 。 翌 七 月 、三 町 村( 世 話 人 )は 、後 川 村 、蕨 岡 村 、具 同 村 、八 束 村 、東 中 筋 村 、大 方 町 に も 参 加 を 呼 び か け る 。 十 二 月 、オ ブ ザ ー バ ー と し て 出 席 し て い た 富 山 村 、大 川 筋 村 か ら 参 加 申 し 出 が あ り 、こ れ を 認 め る 。( 大 方 町 は 離 脱 ) 昭 和 二 十 九 年 一 月 、宿 毛 市 側 と の 間 で 揺 れ て い た 中 筋 村 の 申 し 出 も 受 け 入 れ 、 十 一 町 村 の 枠 組 み が 確 定 。

市 名 に つ い て は 、中 村 町 が 気 兼 ね し て 一 条 市 、南 海 市 な ど を 考 え て い た が 、満 場 一 致 で「 中 村 市 」に 決 ま る 。「 全 く あ っ け な い も の だ っ た 」 。

同 年 三 月 三 十 一 日 、中 村 市 発 足 。 仮 庁 舎 を 旧 中 村 町 役 場 に 置 く 。手 狭 で 全 員 を 収 容 で き な い た め 、公 民 館 や 商 工 会 議 所 裏 の 倉 庫 も 使 用 。

続 く 新 庁 舎 建 設 の 経 過 に つ い て は『 中 村 市 史 』に は 記 述 が な い の で 、ほ か の 記 録 や 当 時 を 知 る 方 々 の 話 か ら 。

新 庁 舎 は 地 盤 が 固 い 天 神 山 を 切 り 崩 し て 建 設 す る こ と に 決 定 。天 神 山 に は 一 條 家 が 京 都 五 条 か ら 勧 請 し た 天 神 社 と そ の 広 い 庭 が あ っ た 。

森 山 正 初 代 市 長 に よ る と 、山 を 天 神 社 の 氏 子 か ら 譲 り 受 け る さ い 、庁 舎 の 敷 地 は 昭 和 十 年 の 出 水 の 水 位 よ り 高 く す る と い う 条 件 が つ い た と い う か ら 、そ の こ ろ 後 川 堤 防 は 完 成 し て い た も の の 、市 民 が 常 に 洪 水 へ の 恐 怖 を 抱 い て い た こ と が う か が え る 。(「 渡 川 今 昔 」、『 渡 川 改 修 四 十 年 史 』所 収 、昭 和 四 十 五 年 )

当 時 、中 村 の 市 街 地 は 南 海 地 震 の 復 興 事 業 と し て 土 地 区 画 整 理 事 業 に 取 り 組 ん で い た 。事 業 の 柱 は 新 し い 幹 線 道 路 と な る 佐 岡 橋 と 赤 鉄 橋 を 東 西 に 結 ぶ「 車 馬 専 用 大 道 路 」( 幅 員 十 二 メ ー ト ル )の 開 設 。

佐 岡 か ら 宮 田 小 路 ま で は 新 設 道 路 で 、さ ら に 土 生 山 切 抜 線 を 経 て 土 生 小 路 、西 下 町 、赤 鉄 橋 に 通 ず る も の で 、完 成 後「 大 橋 通 り 」と な る 。 土 生 山 切 抜 線 は 天 神 山 と の 間 の 狭 隘 な 谷 間 を 通 っ て お り 、こ れ を 拡 張 す る た め 天 神 山 の 開 削 が 失 対 事 業 と し て す で に 行 わ れ て い た の で 、そ の 延 長 事 業 と し て 山 全 体 の 切 り 崩 し が 行 わ れ た こ と に な る 。

ツ ル ハ シ と 鍬 だ け の 人 力 作 業 に は 賃 稼 ぎ の 高 校 生 も 加 わ っ た 。残 土 は 八 反 原 の 埋 め 立 て に 使 わ れ た 。

子 供 た ち が 兵 隊 ご っ こ を し て 遊 ん だ 天 神 社 の 森 。山 の 西 麓 に は 相 撲 場 が あ り 、 い ろ ん な 大 会 で に ぎ わ っ て い た 。大 相 撲 巡 業 で 力 道 山 も 来 た 。

い ま で も「 い ち じ ょ こ さ ん 」に は 、市 役 所 の 庭 で 相 撲 大 会 が 開 か れ る の は 、天 神 社 へ の 奉 納 の 意 味 も あ る の で は な い か 。

昭 和 三 十 一 年 六 月 、議 事 堂 と 庁 舎 一 部 の 起 工 式 。 昭 和 三 十 二 年 二 月 、議 事 堂 新 築 落 成 。 昭 和 三 十 三 年 三 月 、庁 舎 新 築 落 成 。 中 村 市 が 誕 生 し て か ら 四 年 後 、庁 舎 は 落 成 し た が 、そ の 時 点 で も 今 の 図 書 館 付 近 に は 山 の 一 部 が 残 っ て お り 、完 全 に 山 が な く な っ た の は し ば ら く た っ て か ら の こ と 。天 神 社 は 一 條 神 社 に 移 築 さ れ た 。

そ れ か ら 五 十 二 年 。 く ち は て た 姿 に な っ て も ふ ん ば っ て 市 民 を 見 守 り 続 け て き た 庁 舎 。郷 土 の 先 輩 た ち の 労 苦 の し み 込 ん だ 庁 舎 。

い ま 中 村 市 の 歴 史 の 生 き 証 人 と し の 役 割 を 終 え 、世 代 交 代 と な り ま し た 。

私 た ち は 、庁 舎 に 刻 ま れ た さ ま ざ ま な 人 々 の 想 い を し っ か り と 受 け 継 い で い か な け れ ば な り ま せ ん 。 旧 庁 舎 よ 、あ り が と う 。 ご 苦 労 さ ま で し た。


広報四万十 2010年5月
「市長談話室」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR