「日露戦役」 と 「集団的自衛権」

実家の墓は近くにあるが、何かないと行かないもので、この彼岸に出かけた。
八束実崎では、集落の墓が四万十川を見下ろす山の上にまとまっている。地元では「上の山」と呼んでいる。

山の一番下の段にお堂と広場がある。お墓の特等席といえるところだ。そこには、戦没者の墓20基が並んでいる。その中でも、ひときわ大きな墓が4基ある。日露戦争での戦死者である。1基は私の家の親戚。

DSCN4846.jpg     DSCN4845.jpg

なぜ、日露戦争の墓が大きいのだろうか。
それは、江戸時代までは国といえば藩のことであったし、国民という概念はなかった。日露戦争は、明治維新を経て、日本がはじめて統一した「国家」「国民」としてたたかった戦争だったからだ。
当時の大国ロシアに小国日本が挑むという構図だった。司馬遼太郎は小説「坂の上の雲」で「国家存亡の戦い」と書いている。
だから、この戦争への従軍者に対しては手厚い対応がなされた。
軍人恩給などである。

特に、戦死者に対しては、遺族に対して多額の恩給が出たのに加え、墓も大きなものがつくられた。実崎では、この4基の墓石があまりにも大きいため、地区民総出で山に上げるのが大変だったと聞いている。
 
私の祖父も陸軍の一兵卒として、この戦争に従軍をした。乃木希典大将指揮下、旅順総攻撃において、ロシアの機関銃を浴び、左腕を負傷し、傷病兵となった。しかし、何とか生きて復員し、従軍年金と傷病年金の二つをもらった。

祖父の「従軍記章」が家に残っている。従軍顕彰の胸にかかげる記念メダルだ。その名前は「明治三十七八年従軍記章」となっており、「日露」の文字はない。

DSCN3818.jpg     DSCN3792.jpg

明治以降、昭和20年まで、日本は多くの戦争をしてきている。その戦争の名称は、「日露戦争」「満州事変」など、いろいろ呼ばれているが、それはあくまで世上使われている「通称」であり、日本国家が正式に使った、いわば「公認の名称」は、この「従軍記章」にしるされた名称といえるのではないだろうか。
ちなみに、明治以降、主な戦争の「従軍記章」における名称は以下の通り。

台湾出兵 - 明治七年従軍記章
日清戦争 - 明治二十七八年従軍記章
北清事変 - 明治三十三年従軍記章
日露戦争 - 明治三十七八年従軍記章
第一次世界大戦 - 大正三四年従軍記章
満州事変・上海事変 ― 昭和六年乃至九年事変従軍記章
ノモンハン事件 - 国境事変従軍記章
支那事変 ― 支那事変従軍記章
大東亜戦争 - 大東亜戦争従軍記章

日本はなんと多くの戦争をしてきたのだろう。その中でも、昭和20年の敗戦(それ以前を一般に「戦前」という)までの、国の方向を決めたのが日露戦争であった。

戦争の通称はいろいろ。「出兵」「事変」「大戦」「事件」など。これらが、どう違うのかの定義はない。時の政府が都合いいように使い分けてきたのだろうが、政府公認の「戦争」として「従軍記章」にしるされているのは「大東亜戦争」だけである。(この戦争は、ほかに「太平洋戦争」「アジア太平洋戦争」などとも呼ばれている)

ちなみに、八束実崎の墓地にある、日露戦争戦死者の4基の墓には「日露戦役」と刻まれていた。

戦後日本は平和憲法のおかげで、どんな戦争にも参加をしていない。イラク・サマーワに自衛隊が派遣をされたが、「戦闘」には参加できない縛りになっていた。

しかし、いままた新しい名称の戦争がつくりだされようとしている。
「集団的自衛権」という名の戦争が。
もうこれ以上、日本人戦死者の墓を増やしてはいけない。

DSCN4844.jpg     DSCN4842.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
FB(フェイスブック)もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR