十津川村

 紀州熊野を訪ねたあとは、遠回りだったが、奈良県十津川村を通って帰ってきた。十津川村は以前から一度行ってみたいと思っていたからだ。

理由の一つは、幕末、土佐とのかかわり。司馬遼太郎の「十津川街道」(「街道をゆく」シリーズ)に詳しい。尊王攘夷、討幕の魁、天誅組を旗揚げした土佐津野山の吉村寅太郎、那須信吾らが、大和の五條代官所を襲い気勢をあげたが、京の政変により形勢逆転し、幕府勢から十津川郷に追いつめられ、無念の討ち死をしたところ。天誅組には十津川郷士が大勢参加していた。だから、後年、坂本龍馬を襲った刺客は、十津川郷士を名乗って近江屋に侵入した。

理由の二は、土砂災害の教訓。明治22年、大雨による土砂崩れで村は壊滅的被害を受けたことから、蝦夷地開拓を決断、2700人が北海道に移住し、石狩川中流域、いまの旭川市近郊に新・十津川村(現在は「町」)をつくった。私は札幌勤務時代、水田地帯のどまん中にある新十津川町を訪ねたことがある。母村も知りたかった。

 DSC_2362.jpg     DSC_2346.jpg

 十津川村は奈良県南部の大半を占める。日本で一番面積が広い村。和歌山県本宮町(現田辺市)の熊野大社から熊野川を遡ればすぐ県境で、十津川村に入る。あとは山がせり出し深い谷間の、くねくね国道を北上する。村のメイン街道なのに、集落らしい集落はほとんどない。耕地も見えない。役場周辺にしてもそうだ。雨空のせいか、村は谷間に深く沈んでいた。

 DSC_2341.jpg     DSC_2344.jpg

役場隣の歴史民俗資料館に入った。神武天皇時代から、高野、熊野、大峰に囲まれ、日本歴史に深くかかわる。古来、明治まで、耕地が少ないゆえに、税金が免除されていた「特区」。得体のしれない村だった。

川の水はダムで発電に吸い取られているため、水量が少なく、せせらぎがない。明治22年は1万2千人いたという人口はいま3700人。新十津川町(7千人)のほうが、はるかに多い。

 DSC_2374.jpg     DSC_2370.jpg

3年前の8月、紀伊半島豪雨では、明治以来の土砂災害があった。村内で死者・行方不明12名。あちこちに、山肌がえぐりとられた、深層崩壊の跡が見える。ダムの上が崩れた付近で聞くと、そこは明治の崩壊と同じ場所。地盤の弱い層は130年前も、いまも同じだった。あたりまえの事実を突き付けられた。国道から見えないところでは、土砂ダムもできた。

 DSC_2390.jpg     DSC_2395.jpg     DSC_2379.jpg

津波は海からだけでない。山からもやってくる。災害の歴史は繰り返される。四万十川沿いも同様のリスクをかかえている。孤立集落をつなぐヘリポート整備など。防災対策は海も山も、だ。

今回は、村を通過しただけに終わった。空も気持ちも暗く、憂鬱に。いずれ、あらためて、晴れた日、十津川温泉にノンビリ、つかりに来たい。

 DSCN7393.jpg
 吉村寅太郎像(高知県津野町)

 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR